Inspirations

Processed with VSCOcam with q2 preset

15-10-14

YAKUMO-SARYO

By
週末の朝、八雲茶寮に行ってきました。

都立大学駅から徒歩15分ほどの、完全なる住宅街の中にある八雲茶寮は、
そこにあることが自然なような、あるいは完全に浮いているような、
なんとも言えない佇まいをしています。

入口から建物まで続く贅沢な緑と石畳のアプローチが、
非日常に入っていくような気分を演出します。

建物の中はとても静かで張り詰めた空気に満たされています。
空気の密度が濃い感覚というか。

高級な鮨屋や割烹に行ったときのように、
自分の所作を自然と気にしてしまいます。

建物の中は外界の音が入らない薄暗い無音空間で、
お茶の香りと、唯一の大きな窓を通して眺める借景に、
自然と意識が向くように設計されています。
空間としての完成度が素晴らしい。

「朝茶」と呼ばれる朝食のコースは、
季節のお茶(この日は梨を漬けた中国茶)からはじまり、
焙じ茶を経て、お粥か白米に旬のおかずやお味噌汁が添えられた
御膳が出てきます。

最後に10種類くらいの中から好きな一品を選べる生菓子が出され、
食べ終わった頃には店に入ってから約1時間半が過ぎていました。

朝からとても濃密な体験で、
季節に一度くらい来てもいいなと思うような場所でした。

昼もやっているらしいですが(夜は会員制 )
朝に行くのがなんとも素敵な体験です。
雪が降る頃に、また伺いたいと思います。