Inspirations

11780617_910662659276_768167986_n

15-08-14

Craft Beer Pairing

By
ブルックリンのグリーンポイントエリアにあるクラフトビールのBAR TØRST.
「TORST」は、デンマーク語で「Thirsty」の意。

このTORST自体、様々な種類のクラフトビールを飲めるおもしろい店なのだけれども、
俺のお気に入りは、店内の奥にある扉の向こう側。

名称未設定

夜7:30からのみオープンする扉の向こうには、
ビールとのペアリングが楽しめるTASTING COURSEを提供する隠れレストランが。

LUKSUS

LUKSUSの意味は知らないし、特に気にもしてないのだけれども、
気になったのは、予約が火曜日〜日曜日の夜7:30の1種のみってこところ。

7:30になると扉が開き、目の前で、それぞれのお客さんの食べるスピードに合わせて
シェフたちが目の前で料理を振る舞ってくれます。

名称未設定1
(LUKSUSのInstagramより)

7:30に合わせて、焼きたてのパンを出してくれる。本当に焼きたてのアッツアツ。
一品一品にすごく手間をかけ、丁寧につくりあげられる料理には、
シェフのお皿の上での遊び心が満載な感じ。

2
(LUKSUSのInstagramより)

一人当たり$115のコース料理

名称未23設定

+$45でビールのペアリングを楽しめる。

4

名称未設5定

5

6

56

名称未設定

店の奥に隠れていたり、 7:30からのみの予約だったり、料理の手のかけかたにしかり、
「効率」や「ビジネス」という概念の前に、 自分にしかないものをつくりあげようとする姿勢、
一見、非効率に見えても、その裏っ側には、創り手の人生観や、哲学が凝縮されているようで、
惹かれてしまいますね。

効率性を求められるご時世に、非効率でしか手に入らないもの、表現できないもの、
人を惹き付けることができないもの、そういったものが、
テクノロジーで出来ることとの差別化になったりするのかなーと思ったり。
「人」がいる価値みたいなものを、常に大事にできる人間でありたいなと思った一夜でした。